プロポーズ・アドバイザーの紹介

土屋 道照
Tsuchiya Michiteru

1977年 福井県生まれ。 ジュエリー土屋 代表/G.I.A G.G.(米国宝石学会鑑別士)/【オルコス】プロポーズリング・ディレクター/『彼女に伝える想い。』ライター/ 30代前半まで東京のダイヤモンド・カラーストーン輸入商社に勤務。 実家の宝飾問屋業を継ぐため帰郷し、ブライダルジュエリーサロンを開業。プロポーズ待ちの彼女がいる男性の背中を推すことも婚活ということに気づき、【オルコス】プロポーズリングを開発。 実店舗でプロポーズ男子と対話していく中で、プロポーズの相談や応援の重要性を再認識し、2019年4月ネット販売開始と同時にプロポーズ・アドバイザーとして活動スタート。


トーマス・J・トーマス
Thomas・J・Thomas

ブライダルフォトグラファー 1985年2月9日生まれ。 水瓶座のA型。 日本人 本名はTouma Syunsuke。 結婚式を専門に写真を撮り続けて、もうすぐ10年。 新郎新婦にとって、大切なご家族やご友人との時間を後世に残すためにシャッターを切り続けている。 大好きな奥さんと2015年に入籍し、それを機に独立。 結婚、そして結婚式の素晴らしさを世の中に広めるべく活動をしている。 また、結婚写真を専門にしていることから、写真に慣れていない人をモデルの様に美しく撮影する技術を評価され、プロフィール写真や肖像写真の撮影実績も多数。 恋愛・結婚の素晴らしさを世の中に知らしめるため、毎週金曜日の早朝に「彼氏・彼女が3年以上いない人たちで恋愛小説を音読する」イベントを2019年1月から開催している。(現在自粛中) その他にも、自身のpodcast番組「トーマスの恋愛のヒント」など、恋愛関連のコンテンツも数多く発信しファンを獲得している。


築地 隆佑
Tsukiji Ryusuke

ライフストーリー作家®︎ 1989年10月15日 平成元年生まれ。東京都国分寺市出身。 14歳のときに初めて小説を書く。17歳の夏、当時46歳の母を子宮体癌で亡くし、他界するまでの期間をノンフィクション小説で書き起こしたことを機に小説家を志す。 一般的な作家とは一線を画し、2017年10月に、株式会社ライフストーリー設立。 出版経験なし、連載経験なし、受賞歴なしの中、小説だけを書いて生計を立てている。 延べ50回以上の結婚式参列の経験を元に、新郎新婦の出会いから結婚に至るまでのストーリーを綴った、10分で読める短編小説の制作事業を展開中。披露宴が始まるまでのスキマ時間で、二人の人柄がわかり、一生物の記念品になる、日本で唯一無二のサービスを提供。


八幡 美紀
Yawata Miki

モテプロデューサー 1989年11月30日 平成元年生。東京都府中市出身 高校生時代に大失恋をしたことをきっかけに自分磨きをはじめる。コンプレックスだらけの自分を武器に、18歳から水商売の世界へ。 21歳でチーママとなり常にトップをはしっていた。 営業・接客だけでなく、つけまわし、お客様からのクレーム対応、キャスト対応、ボーイとキャストの仲介、様々な業務をこなしてきた。 おかげで、人から話を聴く力、人の本音を引き出す力、人を魅了する力を得る。 24歳の時、死にかけていたお客様の恋愛解決をしたのをきっかけに恋愛カウンセラーとして研究をはじめる。 その後メンタル心理カウンセラーの資格を取得。 現在は、2万人以上のモテる人、モテない人を見てきた経験×心理学から独自の恋愛メソッドを使って、『1番遠い存在だけど1番の味方』というのをコンセプトに『オンライン恋愛相談所』を開校。 ホンマルラジオの 「おせっかいchannel」にて ALL LOVE JAPANラジオパーソナリティも務めている。