プロポーズアドバイザーによる、プロポーズを考える会

プロポーズは人生最大のプレゼンテーション

「プロポーズは愛する彼女のために行なうもの!」
そう考えている男性は多いのではないでしょうか?
たしかに、多くの女性が幼少期から憧れていた最高の瞬間を叶えるためでもありますが、実は男性自身の『人生最大のプレゼンテーションの場』でもあるのです。
プロポーズで彼女にあふれる想いを伝え、自分自身を認めてもらうことで男としてレベルアップし、 人生のネクストステップを共に歩んでいく。
プロポーズは、男性にとっても必要な一世一代の避けては通れないイベントなのです。

プロポーズへの想いは男と女でこんなに違う

もし結婚するならプロポーズされたい!
と答える女性は96.7%(*1)
そう!ほとんどの女性はしっかりとプロポーズされて結婚したいのです。
しかしながら、日本にはプロポーズの文化があまり根づいていません。 これまで結婚したカップルでプロポーズしなかった・されなかった割合は59.0%(*2)
そのうちの約20%の男性しか後悔してませんが、女性の約80%は結婚後もプロポーズされなかったことを引きずっています。
プロポーズは結婚生活のはじめの一歩。
ふたりの大切な想い出になるプロポーズはとても重要なのです。

※出典元:(*1) LIG &(*2) アニヴェルセル総研

土屋 道照Tsuchiya Michiteru

ブライダルジュエリーアドバイザー
1977年1月25日 福井県出身。
ジュエリー土屋 代表/G.I.A G.G.(米国宝石学会鑑別士)/オルコス-プロポーズリング・ディレクター/
30代前半まで東京のダイヤモンド・カラーストーン輸入商社に勤務。 実家の宝飾問屋業を継ぐため帰郷し、予約制ブライダルジュエリーサロンを開業。行政を含めた様々な婚活事業にボランティアで携わりながら、プロポーズ待ちの彼女がいる男性の決断を促すアイテムとして、オルコス – プロポーズリングを開発。 実店舗にてプロポーズ男子と対話していく中で、プロポーズの相談や応援の重要性を認識し、2019年4月よりネット販売を開始。同時期にプロポーズ・アドバイザーとして活動スタート。 2020年5月プロポーズを考える会 Propose Adviser Association設立。

more...

トーマス・J・トーマスThomas・J・Thomas

ブライダルフォトグラファー
1985年2月9日 水瓶座のA型。
日本人 本名はTouma Syunsuke
挙式・披露宴を専門に写真を撮り続けて、10年目。新郎新婦にとって、大切なご家族やご友人との時間を後世に残したい一心で活動中。 2015年、愛してやまない伴侶と結ばれたことをきっかけに独立。結婚写真を専門にしていることから、写真に慣れていない人をモデルの様に美しく撮影する技術を評価され、プロフィール写真や肖像写真の撮影実績も多数。 結婚式はもちろんのこと、結婚や恋愛そのものの素晴らしさや尊さについて啓蒙し、その活動の一環として、毎週金曜日の早朝に「彼氏・彼女が3年以上いない人たちで恋愛小説を音読する」イベントを2019年1月から開催している。(現在自粛中) その他にも、自身のpodcast番組「トーマスの恋愛のヒント」など、恋愛関連のコンテンツも数多く発信しファンを獲得している。

more...

築地 隆佑Tsukiji Ryusuke

ライフストーリー作家®︎
1989年10月15日 平成元年世代。東京都国分寺市出身。
14歳のときに初めて小説を書く。17歳の夏、当時46歳の母を子宮体癌で亡くし、他界するまでの期間をノンフィクション小説で書き起こしたことを機に小説家を志す。 一般的な作家とは一線を画し、1個人を対象にしたオリジナルの小説作成サービス事業を軸として2017年10月に、株式会社ライフストーリー設立。出版経験なし、連載経験なし、受賞歴なしの中、小説だけを書いて生計を立てている。 延べ50回以上の結婚式参列の経験を元に、新郎新婦の出会いから結婚に至るまでのストーリーを綴った、10分で読める短編小説の制作事業を展開中。披露宴が始まるまでのスキマ時間で、二人の人柄が分かるだけでなく、一生物の記念品にもなる、日本で唯一無二のサービスを提供。 2020年現在、ANAインターコンチネンタルホテル東京や神田明神をはじめとした結婚式場と提携し、全国展開中。

more...

八幡 美紀Yawata Miki

モテプロデューサー
1989年11月30日 平成元年世代。東京都府中市出身。
高校生時代に大失恋をしたことを機に、自分磨きをはじめる。 コンプレックスの塊だった自分を変えるべく、18歳から水商売の世界へ。 営業・接客だけでなく、つけまわし、お客様からのクレーム・キャスト対応、ボーイとキャストの仲介、様々な業務に従事。業界参入3年目でチーママとなりトップを維持。 これらの経験から、傾聴能力のみならず自身のPRの仕方・相手から本音を引き出すスキルを獲得。 24歳の時、お客様からの恋愛相談を、解決に導いたことがきっかけで心理学を学び、メンタル心理カウンセラーの資格を取得。 現在は、2万人以上のモテる人、モテない人を見てきた経験×心理学から独自の恋愛メソッドを用いて『1番遠い存在だけど1番の味方』をコンセプトに『オンライン恋愛相談所』を開校。 他にもエステティシャンである島崎悠里氏とLRP〜LOVE ROUTINE PROJECT〜として活動し、セミナーを通じて、自己愛と他己愛を伝えている。 現在ホンマルラジオの 「おせっかいchannel」にて ALL LOVE JAPANラジオパーソナリティも務める。

more...

プロポーズアドバイザー4人の各専門分野の知識を交えて、プロポーズでしっかりと彼女に想いを伝えたいけど、どうしたらいいのかわからない迷えるプロポーズ男子の背中をそっと押す勇気づけるセミナー・ブログ・個別コンサルを提供します。

BLOGプロポーズアドバイザーによるブログ

プロポーズ決意男子 募集!! プロポーズ決意男子 募集!!
 
㊗達成のご報告!プロポーズを考える会 CAMPFIRE クラウドファンディング ㊗達成のご報告!プロポーズを考える会 CAMPFIRE クラウドファンディング
 
クリスマスプロポーズってどうなの!? クリスマスプロポーズってどうなの!?
 
...

皆様からのプロポーズに関するお悩み・ご相談を随時受け付けています。
これまでの男性のほとんどは、プライベートすぎる、照れくさい等と考えてしまい、誰にも相談せず一人で抱えていました。
しかし、中にはプロポーズの相談を同僚・友人・家族にしている人もいます。その行動が女性の満足率に繋がっているのかもしれません。

【プロポーズを考える会】では、
プロポーズに関する基本的な質問から、なかなか人には言えないお悩みまで、 アドバイザー全員宛てはもちろん、個別の相談もお受けしますのでお気軽にご相談ください。 お問い合わせはコチラ